title2.gif
キサンチン製剤
■キサンチン製剤

キサンチン製剤(商品名テオドール、テオフィリン、テオロングなど、注射ではネオフィリン、アミノフィリンなど) は長い歴史を持った薬で、吸入ステロイドが出てくるまでは喘息の治療の主役でした。
テオフィリンは弱い抗炎症作用をもち(気管支の腫れをひかし)、気管支を拡張させます。
時に手の震え、動悸(胸がドキドキすること)を起こすことがあります。
また食欲不振がでることがあります。
吸入ステロイドが出現した現在では、補助的な役割を果たします。
また軽症持続性喘息では、吸入ステロイド薬の代わりになります。
血中の薬の濃度を測りながら薬の量を増減します。
副作用は全員に出るわけではありませんので、御安心下さい。
長い歴史を持った薬なので処方されることはまだまだ多い薬ですし、上手に使えば良い薬です。


→メニューに戻る